コンテンツ

お風呂の水道工事は老朽化や破損が原因

日本には、お風呂へ水道から得たお湯を張って、毎日入浴するという文化が今でも根強く広がっています。そんなお風呂は常に湿気などの水分にさらされています。そのため、金属部が錆びてしまったり、床にカビが出てきてしまったりと、家の中でもトラブルが多い箇所となっています。

■老朽化と破損が多い

一番多いお風呂の工事としては、シャワーヘッドが壊れてしまったり、浴槽自体が壊れてしまったり、お風呂内にあるアイテム自体が使えなくなってしまったりといったことが挙げられます。
例えば、シャワーヘッドであれば、水道部分にゴミが詰まってしまい、水が出なくなることがあります。症状がひどい場合だと、シャワーごと交換する場合もあります。浴槽は、水を張って毎日使用することになるため、経年による劣化から亀裂が入ってしまう事態を引き起こすこともあります。
浴槽の工事は、状況によってはかなり大掛かりな工事になることもあります。お風呂は使用環境が過酷になるため、アイテムの劣化が早いと認識しておきましょう。

■給湯器の場合は寿命も考えられる

お風呂を利用するために欠かせない給湯器ですが、こちらも長年、過酷な環境で使用され続けることになります。そのため、メンテナンスをせずに使い続ければ、すぐに寿命を迎えてしまいます。
一般的に、給湯器は寿命が10年前後と言われており、極寒地域になればなるほど、さらに短くなります。給湯器の故障内容にもよりますが、致命的なケースもあり、場合によっては大掛かりな給湯器 修理に発展することもあります。できるだけいい状態で長く使用するためにも、普段から給湯器のメンテナンスを行なうことは大切です。

■まとめ
お風呂でトラブルが発生した場合、多くの場合、お風呂アイテムの老朽化や破損が原因となります。工事に発展する大きなトラブルになることもあります。特に給湯器の故障は寿命のケースも多く、給湯器 修理だけでなく交換作業になる可能性もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ