コンテンツ

水道工事を施工するために必要になってくる資格とは

水道 工事といっても、色々な工法があったり、その工法によって気をつけないといけないことが変わってきたりします。つまり、専門的な知識を有していないとスムーズに施工することができないわけです。水道関連の作業をするためには資格が必要です。

■水道工事を施工するための必要な資格

必要になる資格は、どのような水道の工事をするのかで変わってきます。代表的な資格としては、給水装置工事主任技術者や下水道排水設備工事責任技術者が挙げられます。この資格の名前を聞いただけで、かなり専門的な知識を有する必要があることが分かります。ただし、蛇口交換など水栓金具を触る程度であれば、この手の資格は不要になります。
具体的には、前者は給水する装置の工事に従事することができる国家資格になります。後者は、排水設備を工事するときに必ず必要になる資格で、これを持っていないような業者には工事の仕事ができません。他にも管工事施工管理技士、水道技術管理者などが挙げられます。

■資格を取得するために必要なことについて

資格を取得するためには、専門の勉強をしなくてはなりません。残念ながら、これら資格を取得するための専門学校は少ないです。そこに入校するのも1つの方法ですが、独学で資格を取得する人もいれば、通信学習で取得する人もいます。
共通して言えることは、計画的に、そして長期的に勉強をしていくことが大切ということです。また、資格を取得するためには、実務経験が必要という条件が課せられているケースもあります。例えば、給水装置工事主任技術者では、実務経験が3年以上ないと受験することができません。

■まとめ
水道周りの作業には、専門的な知識を有する大きなものを施工する場合があります。このときは資格を持っていないと施工することができません。そのためには、勉強をして受験する必要がありますが、資格取得のための条件もあるため、しっかりと把握しておく必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ