コンテンツ

蛇口の水道工事をするとき必要になる給水の止め方について

蛇口を新しいものに取り替えるときや、水漏れの修繕、修復をするときなど、水栓金具を分解するときは、水が出ないように止める必要があります。給水されないようにするわけですが、意外とどうやったらできるのかと知らないものです。その給水を止めるやり方について説明します。

■水道工事の前に知識として持っておきたい止水栓について

蛇口 交換をする前に必ずやっておかないといけないのが、給水を止めるために止水栓を閉めることです。閉めるだけで、水を止めることができるわけですが、その家に設置されている水栓金具によって、止水栓のタイプが異なってきます。
具体的な例を紹介すると、キッチンの蛇口の場合はシンク下にハンドル式の止水栓だったり、お風呂では外の給湯器に止水栓が装備されており、ナット式の止水栓だったりします。閉め方は単純に、それらを回すだけで止めることができます。他には、トイレだとマイナスドライバーで閉めるタイプなどもあります。
そもそも家に流れている水を根本から止めたいのであれば、水を配給している共有の大きな管から、家に繋がっている専用の管に設置されている元栓を閉めます。こちらはハンドル式になっていることが多いです。

■交換に挑戦したけど失敗してしまった場合について

蛇口 交換を業者に頼まずに自分自身で挑戦したいという人もいるでしょう。コツさえ掴めれば、自分で蛇口 交換をすることは可能です。まずしっかりと給水を止めて、水栓金具を備え付けるという作業になります。ただどうしても途中で断念せざるを得ない状況になることもありますし、交換はしたはよいけど、水漏れすることもあります。
この場合は、やはり水道工事をしてくれる専門の業者に修理を依頼をした方が無難です。このとき、水道工事をしてくれる業者には、詳しく状況を説明しましょう。プロなので状況を聞くと、ある程度修理する箇所や時間を見積もることができます。

■まとめ
蛇口 交換作業を自らの手で行う場合は、まずは止水栓を閉めて水が出ない状態にする必要があります。止水栓にも色々と種類がありますが、スタンダードな方法としては全てハンドルなどを回して止めます。蛇口の取り替えを自らの手で試したけど失敗をしてしまったときは、その状況を水道工事業者に説明して依頼すると対応してもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ